郷愁を誘う季節

2023/10/27(金) 家づくりのこと

郷愁を誘う季節

スタッフの大畑です。

10月も終わりを迎えようとしていますが、バタバタ動いているとまだ、汗が出てくるのは私だけでしょうか?

とは言ってもだいぶ涼しくなり、日が暮れるのも早くなりましたね。

秋になると感じる寂しいような、人恋しいような、どこか遠くに行きたくなるような。

夕焼け空を見るとなんか。。。

 

私は、そんな情景が好きで、幻想的で吸い込まれるような雰囲気をお家でも作り出したいと思っています。

 

かっこよくなりすぎず、自然な感じで「ちょっとこの雰囲気いいんじゃない」みたいな。

なんかこのお家に帰りたいなって思ってもらえるような。

なのでお家の打ち合わせをする時は、昼間の姿だけじゃなく夜の姿も素敵になるようにご提案します。

上の写真の照明はスパイク照明といって、外用のコンセントに挿すタイプです。

別の場所にタイマーをつけて、日没後に勝手に電気がついて、設定した時間に消えるようにしています。

コードの長さが6メートルほどあるので、ご自分の好きな位置に挿して使えますから、木の成長によって位置を変えたりすることもできます。

外壁に木の影が映るだけで素敵な雰囲気になるでしょう?

ぜひ、おうちの計画をされる時には、外の照明計画も忘れないようにしてくださいね!

 


もっと事例が見たい方におススメ

HPには掲載されていない写真が多数掲載された施工事例を無料プレゼント♪

憧れのカフェのような家づくりを叶えた10家族のお家を訪ね、素材やインテリアについて詳しく取材しました。
実際のお家で使われている建材や家具などディテールにも注目しているため、これから新築やリノベーションをお考えの方にはきっと参考になると思います。

資料請求はこちら

 

1ページ (全13ページ中)