スタッフブログ

自然素材の家について

2020/07/01(水) 家づくりのこと

「自然素材の家とは・・・」

今回は「自然素材」について取り上げてみました。

つい最近、私のママ友さんのお宅にお邪魔したとき、こんなことを言われていました。

「なんかうちの家、冬になると床と床の間の隙間が開いてくる。たまにバキって音がするし~!」

私は仕事柄、ママ友のお宅が無垢材を使っている家だとわかったので「無垢の床材だからでしょ」と言ったのですが、意外と「自然素材」とか「無垢」とか、あまりきにせず建てようとされている方もいるのでは?

じゃあ、ソラマドの家は❓

 

ソラマドの家は自然素材を取り入れた家になりますよ(^^)

 

床材やデッキ材は主に杉材を使用し、壁は漆喰、天井も梁あらわし、建具やキッチン・洗面・カウンター・棚なども木を使ったお家になります。

自然素材をたくさん使っているので、住めば住むほど愛着がわき、素材がなじんできます。

肌が弱い方や、敏感な方には喜ばれますよ(^^)

 

 自然素材を使うことでのメリットやデメリットは・・・

家の外壁やフェンスに木板を使っていると、ほかの素材感とのコントラストが美しかったり、温かみを感じたりします。

塗り壁や現場塗装仕上げ、やガルバなどの外壁にもしっくり合いますよね~

ただし、1年~2年に一度、キシラデコールでメンテナンスしていただく必要があります。

 

床材には主に杉材を使用してますが、やはり年中素足でもさらっとしていて柔らかいこと。

夏場はべたつかず、湿気の多い日によくわかるのは足跡がつかないのがうれしい(^^)

ビニール素材やいわゆるフローリングですと、白く足跡が残りますよね。

ただし、杉材に限らず無垢の床材の特徴としては、反ったり縮んだりもします。

そういうものなんです!

でも、無垢ならではの気持ち良さを知ってほしいですー

 

●水回り以外の壁には漆喰を塗っています。

調湿効果があるので、湿気の多い時期は家の中に入るとカラットしています。

敏感肌の方や、アレルギー体質の方にはおススメですよー

それに、子供さんが小さいと壁に玩具をぶつけて傷つけたり、おもちゃの色がついてしまうことがありますが、壁紙だと自分で直すのはまず無理!

でも漆喰なら、自分でチャチャっと修正できます(^^♪

 

デッキは無垢だと傷みやすいしお手入れが大変だと言われますが、夏場になるとわかります!

樹脂製のデッキだと夏場は暑くて歩けないくらいになりますが、無垢のデッキだとそこまで熱くならず、中庭にあるデッキでプールやハンモックで楽します。

それに、家の中が自然素材なのに、つながりのあるデッキが急に樹脂製だと見た目に・・・

定期的にお手入れは必要になりますが、家族のイベント事として楽しまれたらいかがでしょうか。

 

「自然素材」もいろいろありますし、一長一短あるものの、素材そのものの特徴を生かして楽しめるのも自然素材の家ならではの魅力だと思います。

お家づくりをする時は、これらを吟味するのも楽しみの一つ!

ソラマドの家では、相談に来られるお客様の暮らし方や理想をお聞きしながらプラン提案していますので、ぜひご相談くださいね。

また、ソラマド静岡のオフィスでは、よくご提案している素材やキッチン、洗面などを見たり触れたりすることができますので、ぜひ遊びにいらしてくださいねー(^^)/

 

 

 

記事一覧

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ