スタッフブログ

子供部屋

2021/02/02(火) 家づくりのこと

今回のタイトルは「子供部屋」

 

皆さんは、子供部屋ってどうします?

今までたくさんのお客様と打ち合わせをしていますが、弊社に来られるお客様はだいたい「子供部屋は仕切りたくない」とおっしゃいます。

もちろん、大きなお子さんがいるお宅は別ですが、お子さんが小さいうちは広々とした空間で走り回らせたいと言われる方が多いです。

 

「ソラマドの家」の考えも同じく、家の中をあまり仕切らず、明るく広々とした空間で子供さんが走り回れるようにしたいと考えています。

「リビング」や「コの字キッチン」にみんなが集って、忙しい中でもお子さんと顔を合わせる時間が取れるようにと思っています。

 

実際、子供部屋を使うようになるのは小学校高学年になってからが多いようです。

私にも子供が二人いますが、「一人じゃ寝られな~い」って言って、自分の部屋に行く気ゼロ!

もちろんまだ一緒に寝たいなぁ~。

が親の本音だし、まだいいかなって思ってます。

 

お子さんが思春期を迎えたら、ちゃんと部屋を作ってあげたらどうでしょうか。

私達が子供だった頃と違い、今はスマホでTV、音楽、電話、ゲームが全てできるので、置くものが少ないから6畳もいらないと考えています。

↑仕切らず、壁がない状態

↑子供部屋2つとWIC、カウンターを作っている写真

いつも打合せの段階で、将来部屋を作れるように電気配線や柱の位置も考えています。

小さい頃は広く使う ⇒ 思春期には仕切る ⇒ お子さんが出たら壁を取る。

が可能です。

家を大きくしたり部屋数を増やすのは簡単ですが、費用や将来のことも考えると、コンパクトにつくって有効利用させる考え方も一つだと思います。

 

小さい頃は一緒にいる機会も多いですが、だんだん大きくなるとゲームにばかり目をやったり、習い事をしたり遊びに行ったりし始めると、みんなが忙しくなり、家族の関わり方も変わってきます。

それも成長ですが、家族と仲良く、楽しく過ごせるように一緒に間取りを考えましょう(^^)/

 


もっと事例が見たい方におススメ

HPには掲載されていない写真が多数掲載された施工事例を無料プレゼント♪

憧れのカフェのような家づくりを叶えた10家族のお家を訪ね、素材やインテリアについて詳しく取材しました。
実際のお家で使われている建材や家具などディテールにも注目しているため、これから新築やリノベーションをお考えの方にはきっと参考になると思います。

資料請求はこちら

 

記事一覧

1ページ (全5ページ中)

ページトップへ